ページの先頭です

NPO法人三鷹陽だまり企画

トップページ > 事業紹介

事業紹介
①共同生活援助(グループホーム)

グループホームとは

一人で生活する自信のない方や、家族と一緒に住んでいるけれども将来自立したい方が、アパートや一軒家の一室を使って、地域の中で自分らしい生活を送ることができる力を身につけていくことを支援する場所です。
困ったことや一人では大変なことも職員や同じ環境で生活している仲間がサポートするので安心して生活できます。

各ホーム案内

・陽だまり荘

概要 三鷹市上連雀(通過型・アパート)定員9名

クリックで拡大表示出来ます

建物・設備など 1K・ユニットバス・エアコン
行事 毎週お茶会があります。旅行などの行事は入居者で話し合って決めていきます。

・かみれん

概要 三鷹市井口(滞在型・アパート)定員6名

クリックで拡大表示出来ます

建物・設備など 1R・風呂トイレ別・エアコン
行事 毎週夕食会があります。旅行などの行事は入居者で話し合って決めていきます。

・ケアホーム大沢

概要 三鷹市大沢(滞在型・一軒家)定員5名

クリックで拡大表示出来ます

建物・設備など 朝と夕の食事提供あり・浴室、トイレ、洗濯機共用・エアコン
行事 月に一回茶話会があります。行事などはみんなで話し合って決めます。

・風の音

概要

調布市上石原(滞在型・一軒家)定員4名(女性限定)

建物・設備など 夕食の食事提供あり、浴室・トイレ・洗濯機共用、エアコン
行事 みんなで話し合って決めます。
②自立生活援助こもれび

自立生活援助事業とは

病院やグループホーム等を退院・退所し、ひとり暮らしをしている方のご自宅に、定期的に訪問し、生活上の困りごとについて、相談に応じ、必要な情報の提供や助言をする福祉サービスです。
2018年に新しく施行され、三鷹陽だまり企画では「こもれび」と名付け、2018年6月からはじめました。
訪問以外に電話相談や関係機関との連絡調整、外出の同行なども行い、ご自宅で自立した生活を営むことができるようサポートしています。

支援内容

(1)定期的に訪問して、ご本人の希望を確認しアドバイスの提供や、病院や他の支援者と連携することでのサポートを行います。
・掃除・洗濯・食生活などでの生活について
・家賃や公共料金に支払いや金銭管理について
・体調や通院状況など健康面について
・友人や近所の方との人間関係の相談など
(2)病院や役所、または買い物などの同行も行います。
(3)困ったことがあったら電話で相談に乗ります。

利用期間と料金について

原則利用期間は1年間です。
ただし、サービス利用期間が終了した場合でも、市町村審査会での個別審査にて、適当であると承認された場合には利用期間の更新ができます。
利用料は、原則1割負担ですが減免される場合があります。
詳しくは各市区町村の担当窓口にお問い合わせください。